読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐久間正英×生田絵梨花

2014年1月16日、音楽プロデューサーである佐久間正英氏が亡くなった。

 
f:id:fibonacci11235:20170306011727j:image

(左から佐久間正英生田絵梨花)

彼は生田絵梨花父親と従兄弟どうしの関係である。つまりは親戚だ。

あるとき佐久間氏が乃木坂46の曲「君の名は希望」をいいねと褒めていたという。

これに対して生田は「いつか接点が持てるかもしれない、だから少しでも近づけるように自分を磨いていきたい」とブログで綴った。

これに佐久間氏も反応する。
「近々会えるといいな、一緒に音楽できるといいな」と。

 

これがきっかけで2人は「君の名は希望」をセッションすることになった。

2人はとても幸せだったことだろう。
親戚だった人と音楽を通じ、逢えたのだから。まさか共演できるとは夢にも思わなかったかもしれない。


佐久間氏がプロデューサーじゃなかったら…

生田が乃木坂46に入っていなかったら…

君の名は希望という曲がなかったら…

様々な偶然が重なって起こった奇跡だ。

 


しかしそんな佐久間氏は3年前に亡くなってしまった。
https://youtu.be/UqlRvWkPUJM

この動画は佐久間氏が亡くなるわずか1ヶ月前のレコーディングを元に作られたもので、生田がbackground vocalとしてメンバー入りしている。
佐久間氏は入院する病院からこのレコーディングのためにスタジオに入り演奏した。
共演する皆が「この作品が最後のレコーディングになるかもしれない」と覚悟を持って音を紡いだという。

 

共演できたのは一瞬だった。

それでも生田はこう話した。
「一緒に過ごした時間は短かったけれど、私の人生にとっては本当に大きなものです

佐久間さんはもういないけれど、思い出と作品はずっと生き続けます

残してもらった宝物を大切にして、忘れません

幸せでした」

後にヒャダイン前山田健一と共演したラジオでも生田は話していたのだが、佐久間氏の存在は音楽に対する想いを変えた人でもあったという。

今までは音符にとらわれてたり、ガチガチに緊張していたのが、共演したのを機に、音楽を自由に、そして楽しめるようになったという。
そんなきっかけとなった素晴らしい人だ。


佐久間正英氏はGLAYBOØWYの曲を手掛けたことでも有名な音楽プロデューサー。
奇しくも亡くなる寸前で生田絵梨花というという人間に目を掛けて、まさに彼女に“希望”を託したんだろう。

御冥福をお祈り致します。