読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

──結──

素敵な漢字だと思う。
努力が実をむすぶ。縁をむすぶ。


大ヒット映画「君の名は。」にこんな一節がある。

 

「土地の氏神さまのことをな、古い言葉で産霊(むすび)って呼ぶんやさ。この言葉には、いくつもの深いふかーい意味がある。」

「糸を繋げることもムスビ、人を繋げることもムスビ、時間が流れることもムスビ、ぜんぶ同じ言葉を使う。それは神様の呼び名であり、神様の力や。ワシらの作る組紐も、神様の技、時間の流れそのものを顕しとる」

“よりあつまって形を作り、捻れて絡まって、時には戻って、途切れ、またつながり。それが組紐。それが時間。それがムスビ。”(小説の一部より引用)


どうやら僕には知らないふかーい意味が「結」にはまだまだあるようだ。
今回言いたいのは、「ムスビ」の大切さ。
つまりは人のつながり、時間の流れでもある。

 

もうひとつ引用を。
僕の大好きなアーティストの一人であるmiwaの 結 の歌詞より。


信じること
あなたのなかに 眠ってる力に気づいて
あきらめないで
無駄なことなんて なにひとつないって思い出して
僕たちは なにより強い絆(きずな)で結ばれている


この一節も深く考えさせられた。
無駄なことなんてなにひとつないからこそ、無駄にできない。そう思う。

そして次の写真を見てほしい。


f:id:fibonacci11235:20170306011028j:image

2人が共演し、出会ってくれたことが本当に嬉しかった。
2人の存在を知ったことで、ここ数年がちょっぴり豊かになったし、楽しみが増えた気がする。
もう感謝しかない。

 
さてみなさんはどんな“ムスビ”に感謝できますか?

握手会の意味

あなたはどう思いますか?


私が乃木坂46の握手会に行くようになったのはここ1年くらいですが、なぜかはあまり気にしたことがありませんでした。

 

乃木坂46の存在を知って、自然と握手会へも行きたいと思うようになり、最初は全国握手会というCDに付いてくる券で握手できるものに行ってみました。

 

実際に会場へ行ってみると人の山。
これだけのファンがいるのかと、改めてファンの数の多さに圧倒された瞬間。

 

初めてはやっぱり生田絵梨花さん。
実は乃木坂を知ったきっかけも生田さんでした。
何かの歌番組?だったか記憶は定かではないのですが、ピアノを弾いている姿に惹かれました。
一目惚れってやつです。

 

気になるとすぐにいろいろと知りたくなるのが私の癖。
過去の番組を観るなり、ブログなりを読んで人柄を知るようになります。

 

いろいろと知っていくうちに握手会という存在まで知ってしまいます。

画面の中でしか見られなかった人間に実際に会うことができ話までできるのか、と。

 

正直最初は怖かったです。

 

しかし生田さんは気さくでした。
今でもあの数秒は忘れられません。

 

ブログタイトルへの私なりの答えにもなりますが、
応援したい人に直接声を届けられるってこういうことなのかなと思いました。

私の言動、雰囲気を目の前のアイドルが見て反応までくださる。
当たり前だけど凄いことだと思いません?

 

応援の仕方は人それぞれかもしれませんが、私にとって大切な応援の形です。

 

ここ1年で享受できた感動を糧にして、いい経験として、今後も頑張っていけたらなと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

それでは。

はじめまして

初めまして、けんじと申します。

このブログでは…
乃木坂46のこと
生田絵梨花さんのこと
を中心に、思ったことを自分の言葉で書いていこうと思います。

Twitterでも呟いておりますが、それ以上に私の脳内では思うことがたくさんあります。

アメブロからの移行なのですが、個人的に残したくない記事もあったので、どうせなら新しくしちゃおうと始めたはてなブログです。

 

以前からの読者はもちろん、これから新しく読んで下さる方まで、楽しく読んでもらえるように頑張りますのでどうかよろしくお願いします。