読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝花を送るということ

レ・ミゼラブル帝国公演が間もなく始まるということで先日、生田絵梨花さんへお花を送りました。

 

送るに差し当って私はスタンド花を考えていたのですが、念のために東宝様へお花について問い合わせてみました。

すると以下のようなお答えを頂きました。

 私の他にも同じような気になる点がある方がいらっしゃれば参考にして頂ければ幸いです。(送って頂いたメールを載せるのはどうかと思ったんですが、マイナスにはならないと勝手に判断してこちらに載せさせてもらいます。)

平素より東宝演劇にご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございます。

お問い合わせの件についてでございますが、
レ・ミゼラブル」では、出演者に楽屋花をお送りいただくことは可能でございます。
ただし、お受取可能期間は「レ・ミゼラブル」公演期間中(5月21日~7月17日)に限ります。

ロビー花、スタンド花につきましては承りかねますので、何卒ご了承くださいませ。
なお、楽屋は大きなものを置くスペースがないため、
1人が両手で持てるアレンジメント程度の大きさ(胡蝶蘭など)を基準として
ご検討いただければ幸いでございます。

お花をお送りいただく場合は、お届け指定時間を早朝・深夜帯以外に設定していただき、
以下宛にご配送ください。

〒100-0005
東京都千代田区丸の内 3-1-1
帝国劇場 楽屋気付「出演者名」宛
※「レ・ミゼラブル」公演期間中(5月21日~7月17日)に限る

その他ご不明な点がございましたら、以下までお問い合わせくださいませ。
 帝国劇場営業事務所
 TEL: 03-3213-7221(10:00~18:00)

この度はお問い合わせを賜りまして、誠にありがとうございました。
今後とも東宝演劇にご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

東宝株式会社/帝国劇場

 

「スタンド花駄目なんかい!!!」

問い合わせてみてよかったです。

ということでアレンジメントを送ることにしました。

 

今まで数多く乃木坂を離れてソロの現場を経験してきた彼女ですが、レ・ミゼラブルという偉大な公演に出演されるということで、気負ってないかな、とか緊張してないかな(それはしてると思うけど)とか色々考えちゃいます。

 

しかし、大丈夫だと信じています。

今までのミュージカルなどでも立派に遂げてきて多くの観衆を魅了してきたわけですし、今回だって上手くいくと信じています。

 

ほんとのところは本番が始まってみないとわからないですけど、そんな色々な想いをひとつのお花に凝縮して送ることで、少しでも彼女の心の支えになればなと思います。

 

普段の彼女の頑張りに私も支えられているので、恩返しじゃないですけど、形として何かできないかなと考えた結果がお花を送るということなのかなと。

 

 

最後に

お花っていいですよね。

貰った側はひと目でその華やかさに感動できるし、勇気づけられるし、送る側としても形として送るにあたって何をしようかなと思いつきやすいもので、かつハードルは高くありません。(値段はそこそこしますが)

 

さて、今日は母の日

私は母とは離れて暮らしているので、食事に行ったりとかショッピングしたりとかできませんが、数年ぶりにカーネーションを送りました。 

皆さんも普段の母の心遣いに今日だけでも何か恩返しをしてみてはどうでしょうか。

お花、特にオススメですよ(^^) 

 

 
f:id:fibonacci11235:20170514140355j:image

最後までお読み頂きありがとうございました。

17/04/22アンダーライブ東京夜公演

ブログ更新お久しぶりです。

アンダーライブ東京公演千秋楽行ってきましたー!


f:id:fibonacci11235:20170423030007j:image

 

多分メンバーも気にしていて敢えて言いますが、選抜と比べると違う良さがアンダーライブにはあると思っています。

 

僕にとっては東北ツアー以来のアンダーライブでしたが、今日はその時以上の(その時とは異色の)盛り上がりだなと感じました。

 

曲の合間のMCにて、

れなち(山﨑怜奈)にとってはポロッと失言しただけなのかもしれないですけど、アンダーライブって逆境から生まれたコンテンツなのかなと、それも一理あるなぁと少しだけ感じた次第です。

 


f:id:fibonacci11235:20170423031033j:image
f:id:fibonacci11235:20170423031046j:image

画像は タカ⊿みさみさーくる さんから拝借

 今回のブログでは僕が印象に残った曲を4つ挙げようと思います。

 

1.ブランコ

僕はKブロックのトロッコが通る側でセンターステージへも約10mというめちゃくちゃ満足できる席だったんですけど、それでもブランコのときは表情とかを見たくてスクリーンを眺めていました。

なんといってもみり愛ちゃんの表情は眼力があって圧倒されるものがありました。

それともう1人、れなちはダンスや歌う姿の所作ひとつひとつが一生懸命で、まさに応援したくなるアイドルって感じがしました。

 

2.君は僕と会わない方が良かったのかな

能條さんをセンターにちはるさんとろってぃの3人で歌う曲。扇風機で盛り上がった後に前方ステージでの能條さんソロで始まる緊張感のある曲披露でした。3人とも歌力があって、しっとりと聴いていられるまさにライブでしか聴けない良い機会だったと思います。

 

少し余談を

よくライブを円盤化してほしいという声を耳にします。

円盤化することはそれこそ楽しみの選択肢を増やすコンテンツではあるけれども、ライブって“生”だから良いものだなと個人的には思うんです。もちろんどうしても行けなかったライブがあったとして、そのときの雰囲気を後に味わいたいという瞬間はあります。

 

ただ、その時に見た映像は過去のものであって、その場にいることで感じる感情がDVD等で観た場合では違う感じ方をしてしまう気がします。そういう違う楽しみ方ができるから円盤化せいという意見が無きにしも非ずかもしれませんけどね。

 

3.制服のマネキン

制服のマネキンってダンスナンバーだと巷では言われていると感じます。乃木坂のファンでなくてもこの曲なら知っているという人もいるくらいで、ダンスが特徴的な曲でもあります。

今回のアンダーライブではこの曲を和服を着て和傘を使って披露していました。

本来の制服のマネキンの“動”のイメージを良い意味で裏切るかのように、和傘を使うことはまさに真逆の意味を示して凛とした“静”の印象を与えた気がします。

そこのギャップに良さを感じた曲披露でした。

 

4.ぐるぐるカーテン

ちょっと個人的な不満も言ってみようかと思います。

バルーンって言うんですかね、曲が始まるや否やアリーナ席には多くのボールが放たれました。

その瞬間は、おぉ〜と凄いなぁと思ったんですが、いざそのボールが僕の居る付近に来ると、邪魔で仕方ないわけです。

メンバーの披露しているところをちゃんと観たいし、曲を聴きたい人もいる中、ボールを放ったということは、ファンの注目がそちらに集まることになります。終いにはボールのせいでメンバーが見えずにただボールを跳ね除けるだけの曲になってしまいました。

 

多分、あれはスタンド席から見ると綺麗かもしれません。しかしアリーナ席にいる僕にとってはメンバーを見る時間を削ぐだけの曲になってしまいました。

 

もちろん楽しいと思う人もいます。ライブの一つの演出であって、良かれと思って出したアイデアだと。(誰の案かは知りませんが)

 

あまり不満は言いたくないですが、こういう少し偏った意見もあるんだなくらいで読んで頂けると幸いです。

 

曲の感想はこの辺にしておきます。

もちろんライブ全体としての満足度は高かったです。12人という過去最少だけあってひとりひとりをフィーチャーする企画は良いと思ったし、キャパは今までのアンダーライブと比べれば大きめのハコだったので、大きさによる迫力はありました。こうしたハコの大きさにも力負けせずに頑張る12人が皆輝いて見えた素晴らしいライブだと思います。

 

 まとめ・補足

僕はあくまで生田絵梨花推しとして過ごしているわけですけど、こうして推しが居なくても同じグループ内でのイベント事に参加するのはいい経験だと思っているので、取捨選択しつつこれからも積極的に参戦していこうと思っています。

 

3/3 ロミオ&ジュリエット

3/3にロミオ&ジュリエット、2回目の観覧へ行ってきました。

 


f:id:fibonacci11235:20170306014756j:image

まずは無事に全ての公演を終えられたキャストやスタッフ陣、関係者に感謝を伝えたいです。

全ての公演が終了したということで、僕が行ってきたアフタートークの内容も載せようと思います。

まずキャストはこちら(画像は公式Twitterより)

 
f:id:fibonacci11235:20170306014807j:image

1回目との違いはベンヴォーリオ役が矢崎さんに変わったことと、死役が大貫さんに変わったことです。この変化は鈍感な僕には違いが感じられなかったです。
良く言えば、2人とも負けないように切磋琢磨して日々公演を行っていたのかなと。


本編の感想は1回目観たときとほぼ変わらないのですが、やはり公演もラストスパートに入った3月だったので、キャストの方達は疲れてるのかなとある意味先入観を持っていました。

しかしいざスタートしてみると、迫力は衰えず、前と同じように凄みを感じました。
今回で特に印象に残ったのはティボルト役の渡辺さんの演技。

キャピュレットとモンタギューの両家が争いをしていて、ティボルトがそれを止めるところがあります。
ガヤガヤと争っている中、ティボルトの「うるさい!」の一言で両家はおろか、会場中がシーンとなる場面には声の力を感じました。

 

そして推しでもある生田絵梨花
この日は3階B席から観てたので、双眼鏡を使っても細かい演技を観るのには限界がありました。
1回目は1階S席からだったので、そこからだと彼女が演技中に感極まって瞳を濡らすくらい気持ちがこもっているのが確認できました。
そのくらい毎公演全力でやっている証拠でしょう。

また、3/3のアフタートークでも言っていたのですが、「ジュリエットの人生は途中で果ててしまうが、私も人生で悔いなく尽きられるように毎公演力を出している」とのこと。
「自分も知らない力を出せていければ」や
「このロミジュリ公演が終わっても皆さんの心のどこかに残っているといいな」とも彼女は話していました。


もう少しアフタートークのお話を。

キャピュレット家の4人でのトークでした。
f:id:fibonacci11235:20170306014827j:image

東京公演中に誕生日をむかえたジュリエット役の木下さんと生田さんの2人。

木下さんは18歳になり、劇中のジュリエットが18歳からしか携帯を持ってはいけないと親に決められていることと重ねながら、 「(木下)晴香ちゃんには携帯をあげるといいんじゃない?」と機知に富んだお話もありました。

生田さんは20歳になったことで、岡さんからは、これから美味しいお酒が飲めるようにとグラスを、香寿さんからは木下さんとお揃いのスプリングコートを頂いたそうです。

しかも香寿さんは身長の異なる彼女ら2人のために3.4日かけて店員さんと相談しながら服を選んだそうです。
とても気遣いのできる人達ばかりに恵まれていたロミジュリだったと思います。

余談としてティボルト役の渡辺さんは生田さんに何もあげていなかったそうなのですが、周りからどうするの?と聞かれ、「これから」とのこと。
これにすかさず司会の方も生田さんは何が欲しいですか?と聞くと最初は考えこんでいたのですが、「美味しいもの」とさすがの食いしん坊ぶり。
加えて「待ってます」と後ろに♡マークの付きそうな可愛らしい声でティボルトさんにお願いをしたところで会場は大盛り上がり。

この4人を加えたキャピュレット家だけでお食事会をするほど親交は深まったらしいですね。
普段はなかなか会う機会がないとのことなので、生田さんはプライベートの話になるとずっと笑っていた覚えがあるそうでした。

トーク中に岡さんや、渡辺さんが生田さんのことを“いくちゃん”と呼んでいたように、愛称が浸透して仲良くなることで、それが本番の舞台での統一感に繋がったのかもしれませんね。

 

約2ヶ月の公演もあっという間に終わりましたが、生田さんにはまだレ・ミゼラブルというもう一つ大きな、そして大切な舞台が控えています。

総括として、ロミジュリの役を射止めたこと自体が成功なのかもしれませんが、それ以上にこの2ヵ月を通して日々成長を感じたのは他でもなく本人かもしれません。

この成長を糧に次の舞台へ挑戦する生田絵梨花をこれからも見続けていきたいです。

 

長くなってしまいましたが今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。


f:id:fibonacci11235:20170306014848j:image

2/11 ロミオ&ジュリエット

ついにロミジュリ行ってきましたー!!

f:id:fibonacci11235:20170306014257j:image

公演がスタートしてほぼ一ヶ月経ってからの観劇でした。
主なキャストは以下の通り。公式Twitterの方から拝借しました。

 
f:id:fibonacci11235:20170306014321j:image


正直最初は生田さんが出演だというから楽しみにしてたんですが、そこが目当てというのも否定できないんですけど、それって失礼ですよね。

“ロミオ&ジュリエット”

というひとつの舞台であって、たくさんの人が協力して作り上げる作品であって。

観劇するにあたって
原作を読んだりとか、映画を観てみたりとか、一切しませんでした。

あえて。

個人的にですけど、先入観をもっては観たくなかったんですよ。
第1幕、2幕と決められた時間で初めて観る人でも面白いと感じられるか、あとは何よりジュリエットという人物が“乃木坂46生田絵梨花”でいいのか。

そういう視点で観たかったので。

ジュリエットは生田絵梨花でよかったのか?

 
適任です…よね…

そうであってほしい。
今や一般的な認知度も高まりつつある乃木坂46

こんな立派な看板を背負って一人舞台に立つことだけでも嬉しくてたまりません。

 

それから観ている最中は僕が男だからか、ジュリエットではなく、ロミオだったり、ティボルトだったり、マキューシオ等の男の人に感情移入してしまう所が。

ここは予想外w


2日経った今でも興奮は冷め止まず、なんなら定期的に観にいきたいくらい。

まぁ、約2ヵ月という限定的な期間でやっているからこそ意味があるし貴重なんですよね。


あとどうしても言っておきたいことがあったのでここに書いておきます。

公演開始前に「キスシーンが〜」とかって騒いでる輩がちらほらいましたね。

けどいざ公演がスタートするとダンマリ。

当然ですよね、演技の一部でしかないんだから。

目立つシーンだけ切り取ってアイドルが〜と言われるのが同じファンとして悔しいし悲しいです。


くだらない話はこの辺にしておきますが、予想外の嬉しい話もあります。

公演直後のことです。

たまたま僕の前の席に座っていた、ミュージカルファンのおば様方3人(おそらく乃木坂のことをあまり深くは知らない。そういう僕もだが。。)がジュリエットについて話をしていました。


「いい声してたよね」

もうこの一言が聞けて、思わずにやけちゃいました。

多方面の人達から高評価を受けているとなぜか僕まで嬉しくなっちゃう不思議な瞬間でした。


もう一つ、公演終わりの挨拶のときに、ティボルト役の方とジュリエットでキャイ〜ンってやってたところが最高に可愛くて、楽しそうで、そこはやっぱりアイドルなんだなと、いいところを見られました。

 


東京公演は終わりが近づき、大阪公演を迎えようとしています。
そちらにも観劇しに行こうかと計画中なので楽しみです。

 

またここに来られるといいなぁ(^^)

 

いつかまた👋


f:id:fibonacci11235:20170306014421j:image

 

佐久間正英×生田絵梨花

2014年1月16日、音楽プロデューサーである佐久間正英氏が亡くなった。

 
f:id:fibonacci11235:20170306011727j:image

(左から佐久間正英生田絵梨花)

彼は生田絵梨花父親と従兄弟どうしの関係である。つまりは親戚だ。

あるとき佐久間氏が乃木坂46の曲「君の名は希望」をいいねと褒めていたという。

これに対して生田は「いつか接点が持てるかもしれない、だから少しでも近づけるように自分を磨いていきたい」とブログで綴った。

これに佐久間氏も反応する。
「近々会えるといいな、一緒に音楽できるといいな」と。

 

これがきっかけで2人は「君の名は希望」をセッションすることになった。

2人はとても幸せだったことだろう。
親戚だった人と音楽を通じ、逢えたのだから。まさか共演できるとは夢にも思わなかったかもしれない。


佐久間氏がプロデューサーじゃなかったら…

生田が乃木坂46に入っていなかったら…

君の名は希望という曲がなかったら…

様々な偶然が重なって起こった奇跡だ。

 


しかしそんな佐久間氏は3年前に亡くなってしまった。
https://youtu.be/UqlRvWkPUJM

この動画は佐久間氏が亡くなるわずか1ヶ月前のレコーディングを元に作られたもので、生田がbackground vocalとしてメンバー入りしている。
佐久間氏は入院する病院からこのレコーディングのためにスタジオに入り演奏した。
共演する皆が「この作品が最後のレコーディングになるかもしれない」と覚悟を持って音を紡いだという。

 

共演できたのは一瞬だった。

それでも生田はこう話した。
「一緒に過ごした時間は短かったけれど、私の人生にとっては本当に大きなものです

佐久間さんはもういないけれど、思い出と作品はずっと生き続けます

残してもらった宝物を大切にして、忘れません

幸せでした」

後にヒャダイン前山田健一と共演したラジオでも生田は話していたのだが、佐久間氏の存在は音楽に対する想いを変えた人でもあったという。

今までは音符にとらわれてたり、ガチガチに緊張していたのが、共演したのを機に、音楽を自由に、そして楽しめるようになったという。
そんなきっかけとなった素晴らしい人だ。


佐久間正英氏はGLAYBOØWYの曲を手掛けたことでも有名な音楽プロデューサー。
奇しくも亡くなる寸前で生田絵梨花というという人間に目を掛けて、まさに彼女に“希望”を託したんだろう。

御冥福をお祈り致します。